市販の白髪染めヘアカラーは刺激強めでダメージ多い!

check.jpg白髪染めヘアカラーは髪傷める!

biyouin.jpg
市販の白髪染めヘアカラーは、一般的に毛髪、頭皮へダメージを与えてしまいます。 それは自然の素材を使っているのではなく強い薬品を使用しているので仕方がないことなのです。

しかし、白髪染めをしても、2週間から1ヵ月後には色落ちしてしまう事多く、色落ちした場合は、さらに同じようにもう一度、白髪染めをする人が大部分を占めています。

何度も髪の毛に強い薬品を投下させるのですから、繰り返すほどに髪質が傷んでいきます。

また、2週間程度で再度染めている人も多いようですが、おおよそ髪の毛が3㎜伸びると根本の白髪が目立つためです。
管理人も初期の白髪の頃は、何度も市販のビゲ●ヘアカラー白髪染めを利用していましたが、みるみると髪がダメージを受けツヤのない針金のような髪質に変わってしまいました。

白髪染めは、短期間に繰り返すと、毛髪、頭皮に蓄積されたダメージを与えて続けています。そのためには、常にしっかりとした毛髪へのトリートメントを行ったり、 頭皮のケアでダメージを抑える必要があります。

この点で美容室の白髪染めは徹底していて、同じ薬品を使いながらも、丁寧なトリートメントとヘアケアに神経を使ってくれているので、市販のヘアカラーに比べて傷みの度合いも軽いほうだと思います。しかし、かなり割高ですよね。管理人は髪がロングなので白髪染めと特別なトリートメントをしてもらうだけで毎回一万円超えていました・・・涙

人気の白髪染めトリートメントルプルプで白髪染め体験
もっと長持ちする白髪染め発見!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す