エアウェーブと白髪染めは同時に行わないほうがいい!

check.jpgエアウェーブと白髪染めは同時に行わない方が良いのはなぜ?

パーマをかけたいけど白髪染めをしているから無理かなぁと諦めていますか?
美容院で両方行うと高額になってしまうほか、髪や頭皮にダメージが与えられとても良くありません。
できれば先に白髪染めを行い、その2週間後に、パーマをかけるのが理想的です。

白髪染め液の影響で髪や頭皮が傷んでいて、連続してパーマ液を注ぐことでさらなるダメージを与えてしまいます。

また、白髪染めの液が髪や頭皮に付着しているため、パーマ液が馴染みません。
せっかく高いお金を払っても、パーマはほとんどかからないでしょう。
無駄金となってしまいます。

どちらも有効にするためには、白髪染めがしっかり髪に浸透する頃の2週間後に、パーマをかけるというのが望ましいです。

この状態でエアウェーブのパーマをするのは良いでしょう。ただ、エアウェーブはなかなかかかりにくいうえ、白髪染め液が多少なりとも髪に付着していると、いくら2週間後でも、通常の髪の状態よりはかかりにくいのです。

これは、美容室の毛染めだけでなく、自宅で白髪染めヘアカラーやトリートメントを行う場合も同じです。
パーマをかけるつもりであれば、必ず間をあけてから行ないましょう。
白髪染めトリートメントは、 1週間程度で色落ちがしてしまうので、 2週間も開けてしまうと白髪が目立ってしまいます。

ここまで、開ける必要はなく、ただ、完全に白髪染め液が髪の表面や頭皮に付着していない状態であることが大事です。髪を洗う時も同じです。

染め落ちを避けるために、なるべく地肌をしっかりと洗わないでいるために、白髪染剤が頭皮に付着している人がいます。確かに色もちはするかもしれませんが、これはとても地肌に悪いので絶対に避けましょう。

パーマがちゃんとかかったことを確認すれば、白髪染めトリートメントは1週間に1回ではなく2回や3回と使っていいので、ゆっくりとしっかりと染め上げたい人はそのように使って、シャンプーはしっかり洗い流しましょう。

エアウェーブのようなパーマをかける場合は、必ず白髪染めをしてから期間をあけて行いましょう。
特に、白髪染めトリートメントは、髪染めといってもマニキュアのようなものです。髪にコーティングされている状態なので、それがしっかりと剥がれた状態で行うべきですね。
髪質からヘアカラー選ぶ
ヘアカラートリートメント比較

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す