男性と女性の白髪染めするときの違いと比較!

●●男性と女性の白髪染め用品●●

003.gif

男性用、女性用の白髪染めの製品が数多く発売されていますよね。

男性の毛髪は、医学的に見て女性の毛髪に比べて、黒く太い傾向があります。
反対に女性の髪の毛は、細くて男性に比べれば色素が薄い傾向にあります。

それなら、男性用の白髪染めは、女性用の白髪染めに比べて染める度合が強いのかな?と思われそうですが、男性用と女性用の
白髪染めには大きな違いはないのです。

男性用の白髪染めの多くは、中高年のサラリーマンをターゲット層にしているため黒に染めるものが多く発売されています。

一方、女性用は、年齢層によるところはなく、常におしゃれを意識する傾向で、バリエーション豊かな白髪染めが販売されています。

カラーバリエーションであったり、ヘアーカラー、天然素材の白髪染め、ヘアマニキュア、一時染めのタイプ、泡の白髪染めなどの種類であったりさまざまです。

女性用の方が種類が豊富なので、実際に男性が使っても何の問題もないですね。

ただ、仕上がり感や染め方の違いだけで、結局すべて薬品タイプの白髪染めがほとんどなので、長く使えば、髪の傷みが強くなっていきます。

はじめのうちはいいのですが、髪にダメージが強くなりだすと、なるべく髪にやさしいものを
使いたくなるのが心情ですね。

白髪染め事典
白髪染め使用の注意   
パーマと白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す