薄毛でも悩みなく白髪を染めることができます!

●●白髪染め使用の注意●●

004.gif

多くの男性の悩みと言えば、白髪のほかに薄毛があります。薄毛の悩みがある男性は男性人口の約25%を占めています。

白髪染めは、頭皮、毛髪にダメージを与えるものが結構あります。薄毛で悩んでいる人の白髪染めにはどんな注意をしたらよいでしょう。

頭皮、毛髪へのさらなるダメージは、薄毛を進行させる心配があるので、できれば頭皮の健康を考えて、ヘアマニキュアタイプの白髪染めがおすすめです。

ヘアマニキュアは、泡タイプ、クリームタイプ、液状ジェルタイプの3つの種類があります。
どのタイプも毛髪へのダメージは抑えれるものです。

泡タイプは、液だれがないため、目に入りにくいなどのメリットがあります。液状ジェルタイプは、液状で髪の毛に馴染ませやすいため、染め上がりが均一になりやすい
メリットもあります。

ヘアマニキュアは染めもちが弱く、落ちやすいということと、白髪がうまく染まりにくいというデメリットがあります。脱色を行い髪の内部から染め上げていくのではなく、髪の表面だけ染めるマニキュアなのでどうしても仕方ない現象ですが、その分、強い薬品を使わないので、頭皮を育成する効果が大きいのです!

白髪染めトリートメントは、天然成分で「染める」トリートメントなので、髪の表面を染めるタイプですが、しっかりと染まります。髪をいたわり、薄毛を予防するためには刺激のないこういう天然のものがおすすめです。

お風呂場で手軽にできるので、それも人気がいま上がっている理由ですね。

最近は女性も薄毛で悩まれる人が増えているので、白髪染めトリートメントを使って、髪のキューティクルを大事にするのがいいでしょう。

白髪染め事典
パーマと白髪染め
   生理中の白髪染め

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す