白髪染めを比較!3つのヘアカラーの違いは?

check.jpg白髪染め比較3つのヘアカラー

40代になってから白髪がぐっと増え、白髪染めをしない月はありません。

少し前に5年ぶりに同窓会に行きました。その時の話題でとても気になったのか、年齢が進んでからのヘアケアにとても悩んでいることです。

特に、白髪は当たり前ですが、若い時のヘアダイなどのために、抜け毛が増え以前より薄毛になったと言う女性が意外と多いです。

そういえば、頭の上の方が以前より私も薄くなった気がします。生え際のあたりが、以前より地肌が見えています。知らず知らずと髪が抜けて薄毛になっているのに気がついて、最近エイジングケアとても気を使っています。

エイジングヘアケアには、脱色するタイプの白髪染めは完全に髪や地にダメージが大きいのでできません。

これからは、白髪をしっかり染めるだけでなく、頭皮に優しく、ダメージが少なく毛染めをしていかなくてはいけません。そこで、白髪染め用トリートメントがお勧めです。

なるべくアルカリ性のものよりは中性のヘアカラーを選び、 ゆっくりと白髪を染め上げていくのが髪にやさしいです。

kizi01.png

 市販のヘアカラーや美容院の白髪染めに比べれば、白髪染めヘアカラートリートメントは、原料も無添加で、刺激が少なくほとんど髪や頭皮にダメージを与えません。

 まだまだ薄毛を気にするほどでない場合、自宅で白髪染めが簡単にできて、できれば、 1度染めたら、しばらくは染めないでお休みをしたいと言う忙しいあなたは、ラサーナヘアカラートリートメントがいいです。

 ラサーナの白髪染めは、脱色は行なわないが、染料が髪の内部まで浸透します。

他の白髪染めトリートメントと違って、マニキュアタイプじゃないので。色もちが全然違います。

 白髪がかなり多い人でも最低2週間は染め持ちします。平均的では3週間から4週間もつので、美容院の白髪染めとあまり変わらずに利用できます。

kizi02.png

 値段で選びたい、白髪染めトリートメントってどんなもの?と初めて使いたい人はルプルプ白髪染めがイチオシです。

初めての購入なら1本1980円(税込)で割引特典が大きく、この価格は他にはありません。しかもアルカリ度はpH値 8なので、初めての人でも1回でしっかり目に染まります。

 まずは、白髪染めがあなたに合うのかどうかなどチェックしたい場合は、ルプルプを選んで目安にされるといいと思います。

kizi03.png

 その後、もっと他に無添加のがいい、髪がサラサラになるのがいい、長持ちする方が良い、など用途に合わせて他の白髪染めに変えたらいいと思います。

kizi04.png
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す