生え際の白髪をリタッチ!根元染めのコツ

生え際の白髪をリタッチ!根元染めのコツ

retouchi06.png髪全体をきれいに染めたのに、数週間後に生え際に伸びてきた白髪があると、どうしても気になってしいまいます。でも染めないままにしていると根元部分が白く目立ってきてますます大変ですよね?

この根元部分を染めるのが結構難しいですね。しかしちょっとしたコツで綺麗に染まるの知っていますか?^^y

    上手にリタッチする方法

  • コットンやティッシュを使う
  • はけを使う
  • リタッチテクニック

    ※因みに白髪染めトリートメントでないヘアカラーでもこの方法は有効!

(コットンやテッシュを使う)

伸びてきた生え際や根元にまんべんなく白髪染めを塗ったら、コットンやティッシュに白髪染めを少量塗って、生え際や根元に貼り付けましょう。
顔で言うパック状態になって白髪時めがしっかり浸透してきれいに染まります。

(はけを使う)

よく美容院で染めると美容師さんが使ってるはけのようなもので塗るとかなりきれいに塗れます。
100均でも似たようなはけが売っているので使うといいですね。
ない場合は料理用のはけでもOKです。

(リタッチテクニック)

「リタッチ」とはカラーリングのテクニックで、髪全体を傷めずに染めることができます。

retouchi16.pngリタッチテクニックの方法は、生え際や根元の白髪を中心に白髪染めの染料ををたっぷり塗ります。今使っている白髪染めトリートメントを使用すればOKです。(ルプルプやレフィーネや利尻昆布ヘアカラー、どれもうまくいきました)

1分くらい時間が経ったら、白髪染めを毛先に向かって塗り伸ばしていきます。生え際や根元部分は白髪染めに触れるのが初めてなので、白髪染めをした他の部分よりも傷みにくいのです。

リタッチで白髪染めトリートメント使用するポイントまた塗り広げることで前回よりも少し色味が違っていても、自然にグラデーションがかかるので根元だけ染めました!みたいな感じにならなくてすみます。

ほかには、各社で、リタッチ専用の白髪染めクリームが販売されているので、これも便利ですね。ただし、実際に使ってみたけど、一時的に使って染めるのには効果的だけど(今日だけ黒く染めたい!など向き)、白髪染めトリートメントのようにしっかり染まるわけでないから、シャンプーをすれば落ちてしまいます。

お出かけ前に見つけた白髪にはサッと塗れて使いやすいですよ♪

レフィーネリタッチカバーは定期購入コースの詳細から注文できます!バナー原稿 234×60 (120215)imp

レフィーネヘッドスパの体験談で評価中

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す