根元の白髪染めをタイプ別に分けると?

根元の白髪染めは、レフィーネヘッドスパで髪色に合わせればバッチリでした!

hake01.png

自宅で生え際あたりの根元だけを染める時は、どんなタイプで染めますか?

  • 1回で染まる永久染めタイプ
  • 白髪用トリートメントタイプ
  • シャンプータイプ

1回で染まる永久染めタイプ

1回で染まる永久染めタイプはドラッグストアで市販されている、ジアミン系の染毛剤です。美容院に行って染める気のない人は1回で染まる永久染めタイプがいいですが、頭皮や髪に刺激が強く、安いのはいいのですが、ダメージが強いので、長く使用するのはやめたほうがいいです。

このタイプでも、最近は、髪が傷みにくいというのも新商品で発売されているので、要チェックしながら慎重に使ってほしいですね。

白髪用トリートメントタイプ

白髪染めトリートメントタイプは主に通販で売られていて、無添加で安全なのがウリです。髪や体に優しいのがいい人は白髪染めトリートメントをおすすめですが、どうしても、髪の表面しか染まらないので1週間で落ちますよ。

また、白髪染めトリートメントは徐々に染まっていくという性質もあるので、繰り返して使うたびに落ちにくくなります。それにしても1か月も持つということはないので、毎週毛染めをしないといけないのは覚悟が必要です。

白髪染め用トリートメントを使うメリット

  • 美容院に行く時間がない
  • 美容院に行くまでのつなぎ感覚

美容院の白髪染めも、薬品を使い脱色を行ってから染め上げるタイプなので、沢山の保護をしながら染めてもやはり多少髪は傷むのです。
そこで、1年に数回だけ美容院で毛染めをして、残りは白髪染めトリートメントを使うというのもおすすめです。理想としては半年に1回がいいでしょう。

シャンプータイプ

あまり種類はないですが、ヘナ入りシャンプーなど、数少ないですが、染料がはいったシャンプーのことです。

でも、このタイプは、根元になかなか密着しにくいので、根元だけを染めるにはあまり向いていません。口コミをみても、1回や2回程度は染まらず、かなり時間がかかるし、染まりやすい人とそうでない人の差が激しいようです。

また、永久染め、白髪用トリートメントどちらのタイプにも2種類あります。

  • 泡タイプ
  • クリームタイプ

根元だけを染める時はどちらでも使いやすさにはさほど変わりはありません。
ムース状の泡の方が塗りやすい人は泡タイプ、固めの液状クリームの方が塗りやすい方はクリームタイプと好みで選ぶといいですね。
自分が使いやすいと思った方を使うといいですよ。

ところで、白髪染め用のシャンプーを探している人の質問のやりとりがすごくわかりやすいです。実際に使った人の感想もあり、口コミがとても参考になるので、良かったら見てください。

白髪染め用シャンプーの質問

美容院で白髪染めをして段々髪が傷んできたから、白髪染めシャンプーの効果ってどうか?ってことを知りたいようですが、途中でレフィーネの白髪染めトリートメントを使って染まるかどうかの話になっていました。

私が自宅用でおすすめしている白髪染めトリートメント3品なら、ほとんどの人はよく染まりますよ。あとは、染め方をちゃんとやっているかどうかの違いだけで、結果の差がでてきます。

実際、ハケを使ってレフィーネヘッドスパで染めてみました。
もともと茶髪なので、ダークブラウンとローズブラウンを混ぜて使っています♪

someta02.pngしっかり塗って、シャワーキャップで温めれば、リタッチ効果けっこうあるとおもいませんか?

私の髪質は、太くて沢山髪がありますが、ちゃんと染まっていると思います♪

バナー原稿 468×60 (120215)imp

レフィーネヘッドスパ白髪染めのレビューへ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す