男性向けの毛染め!白髪染めるヘアカラーでの注意点は?

check.jpg 男性向け毛染め・白髪染めヘアカラー注意点

risiri11.jpg 
実は、夫は営業職なので、白髪染めは必ず「ブラック」を使用しています。中途半端な色の染め方だと、赤く染まってしまうためブラウンは使用しません。彼は利尻昆布白髪染めが好みですが、今年大学生になったばかりの息子はくろめの「ダークブラウン」がお気に入りです。

kurome11.jpg息子は、高校生の頃より若白髪が多くてとても困っていました。美容院で染めるのもお金がかかるのと、毎月必ずいくにしては、忙しい学生なので、ちょっと面倒がっていました。

 しかも、髪が傷み、抜け毛もすごく最近多いということで、毛染めをするのを一時期やめていました。

くろめヘアカラーは薄毛予防のヘアトニックM-1を製造しているので有名で、とにかく抜け毛予防の専門会社ですから、頭皮にやさしく、無添加にこだわった白髪染めヘアカラーなんですね!

薄毛予防で有名な「M-1」を開発した会社が作った「くろめヘアカラートリートメント」を使いだしてから、半年以上になりますが、髪が調子よくなったといっています。

 白髪染めトリートメントでうまく染めるコツは、シャンプーしてから、白髪染めトリートメントを塗るパターンよりも、お風呂に入る前に先に、白髪染めトリートメントを塗って、しばらくおいてからシャンプーのが効果的です。

houhou.jpg
 乾いた髪にいきなり塗るのですが、その後、ブラシで塗りつけて、15分以上放置してからお風呂に入ります。余裕があるなら、シャワーキャップをかぶり湯船に入れば温め効果で染め上がりもよくなります。

その後、シャンプーして普通にリンスなどつけて洗い流す、というパターンが失敗なく染まりますね!

抜け毛にやさしい無添加白髪染め!くろめヘアカラー

hp.jpg

risiri.jpg     kuro.jpg

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す