ヘアカラー薬事法で比較

check.jpgヘアカラー薬事法で比較

ヘアカラーリング剤を日本の薬事法で比較すると・・
yakuzihou.pngちょっと、わかりにくいですね。やはり、髪や頭皮の健康や将来的な体の健康を気にするのなら、やはり、酸化染毛剤は極力使わないほうがいいですね。特に医薬部外品って、全成分の表示を法的にも義務付けされていないので、少し心配が残ります。

  • 染毛剤(医薬部外品)・・主成分は、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料
  • 染毛料(化粧品)・・主成分は化粧品に使用される酸性染料

白髪染めトリートメントは、ヘアマニキュアなので、毛髪を一時的に着色する程度です。

どうしても、長い期間の染め持ちはないので、白髪染めする人にとっては、不便ですが、しかたありませんね。

ラサーナの白髪染めは、市販のヘアカラーや美容院の毛染めに比べて少量しかジアミン系の酸化剤が入っていないので、まだこちらを使うほうがいいと思います!

ラサーナヘアカラー体験レビュー

でも、1週間の染めもちで大丈夫!薬品は使いたくない!ならこちらがイチオシ!

過酸化水素水の人体への影響は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す