ラサーナ白髪染め×LpLp(ルプルプ)比較

ラサーナ白髪染めは医薬部外品ラサーナは、一般的なヘアカラートリートメントとは少し違い、毛の内部までしっかりと染色成分を浸透させます。

LpLp(ルプルプ)はどちらかといえば、ヘアマニキュア的な要素が強く、髪に上から色を塗りつけるというマニキュアタイプの染め方です。

しかも、一般的なヘアカラーは一回脱色して色を入れていくという方法でかなり髪が傷むのですが、ラサーナ脱色をしないで色を付けていくので髪の傷みがかなり少なくて済みます。

ラサーナの白髪染めがなぜこんなに人気なのか、という理由は、他の白髪染めトリートメントと比較して、全く別格だからです。完全に天然ではないけど天然に近い白髪染めで長持ちするから、ということですね!

白髪ぼかし

白髪染めトリートメントの人気ナンバー1のルプルプとラサーナを比べてみました。

適している髪の違い

  • ラサーナ:敏感・アトピー肌には向かない
  • LpLp(ルプルプ):頭皮に刺激与えないので万人向け

色持ちの違い

  • ラサーナ:1カ月
  • LpLp(ルプルプ):1~2週間

頭皮の着色の違い

  • ラサーナ:頭皮に色が付かない
  • LpLp(ルプルプ):若干の着色がある

成分の違い

  • ラサーナ:天然成分多いがアルカリ度PH8
    ※ジアミン系の成分が入っている
  • LpLp(ルプルプ):天然成分(ガゴメ昆布など)

ラサーナ白髪染めどちらも一長一短なところがありますね。ラサーナは、普段美容院で白髪染め、または普通のカラーリングをしている人でも同時に使えるメリットは大きいですね!

美容院の毛染めと同じような素材を使っている(脱色はしない)ので、年に1回-2回程度美容院でしっかり全部染めをして、リタッチ用としては、ラサーナを毎月使うというテクニックにぴったりですね。価格や量で比較するとラサーナヘアカラーは、他の白髪染めトリートメントには負けてしまうけど、働く女性にとっては、月に1回程度染めれば良くて、しかも、脱色をしないので、頭皮にかなり優しくなっているというのがかなり注目で、買いポイントになるでしょう。

白髪染めヘアカラートリートメントを普段利用していると髪をしっかりコーティングしているので、染料の入り方が悪くなってしまいます。

白髪染めトリートメントを普段使っていて、美容院の毛染めをする場合は、少し日をあけてから染めに行く必要があります。その点ちょっと要注意です。美容院と家での白髪染めを併用したいと言う人にはラサーナがよさそうです。

価格の違い
hair3

  • ラサーナ:3024円(税込・送料無料)
  • LpLp(ルプルプ):1980円(税込)

ラサーナ白髪染めのほうが価格は高いですが、送料無料なので、安心です。また、ラサーナは月に1回程度しか使わないので、髪がそんなに多くないなら2カ月くらい使用できるので、小さい割にお得です。

ただ、頭皮がどうしても気になる!という人や薬品性が弱いものをするべきなので、お試し価格がダントツ安いルプルプにしておきましょう!

 頭皮がそれほど弱くない!いつも忙しい人は1か月色持ちするラサーナヘアカラー!
 敏感肌で完全に天然成分使いたい人方は初めての購入がお得なLpLp(ルプルプ)

ラサーナの体験談

ルプルプの体験談

LpLp(ルプルプ)×レフィーネヘッドスパどっち選ぶ?比較しました!

レフィーネヘッドスパ白髪染めを注文して3日で到着LpLp(ルプルプ)レフィーネヘッドスパとでは、レフィーネのほうが、その製品名でも明らかなように、頭皮の健康を追及したものとなっています。

頭皮が健康になれば血行が良くなり、白髪も減っていくはずという考え方です。

白髪を上から染めるというよりは、根本から白髪を少なくしていこう、というわけなんですね。

だからといって、レフィーネの染色力が決して少ないとか、染色力が劣るとか、そういうわけではありません。

レフィーネ色を混ぜて自分好みのカラーを作り出せるなど、独自の機能がありますので、日本人の黒髪だけでなく、海外の女性たちの複雑な髪色にも対応できるということで、世界中で売れている白髪染めトリートメントです。

それではLpLp(ルプルプ)レフィーネヘッドスパ違いを見ていきましょう。

色の違い

  • lplp(ルプルプ):4色 2014年末より4色展開
  • レフィーネ   :4色

返品のしやすさの違い

  • lplp(ルプルプ):開封前なら返品が出来る
  • レフィーネ   :若干手続きが複雑

使用後の髪の違い

  • lplp(ルプルプ):しっかりとコシが出る
  • レフィーネ   :しっとりツヤツヤになる

もともと髪にコシがなくて柔らかめの人は、LpLp(ルプルプ)でまず様子を見てみるのもよいですね。また、もともと髪が太くてしっかりとしているのであれば、レフィーネを試すとよいでしょう。どちらの製品もトリートメント成分がたっぷり含まれており、使えば使うだけ、髪が健康になっていくことは間違いないでしょう。

料金の違い

  • lplp(ルプルプ):200g 1980円
  • レフィーネ   :300g 3600円(税込)

LpLp(ルプルプ)は容量が200グラムですが、レフィーネ300グラムでたっぷり使えます。

レフィーネ色まぜる レフィーネは初回購入者には特典で詰め替え用のボトルなどが付いてきます。

 レフィーネのカラーが4色あり、混ぜて使えるので自分の髪色にこだわりたい人は絶対コレ!ですね。

 ただ、レフィーネの特徴やお得度も素晴らしいけど、総合的なコスパで考えると!初めて購入する人はLpLp(ルプルプ)がダントツに安くてお得!まずは一番人気のルプルプのダークブラウンかモカブラウンから使ってみるのがオススメです。

ルプルプまとめ買い安いルプルプは1本のお試し購入がおすすめ

 LpLp定期購入・・1本1,620円で安いし送料無料
 LpLp1本のみ初回購入・・1980円+送料500円=2520円(税込)

ルプルプを使った体験談

LpLp×利尻昆布ヘアカラー比較

白髪染めトリートメント1回でよく染まるLpLp(ルプルプ)の主成分のガゴメ昆布と利尻昆布ヘアカラーの主成分の利尻昆布で、両者の決定的な違いは、仕上がり方ですね!

ガゴメ昆布は非常にヌルヌルで強烈な粘り気があります。LpLp(ルプルプ)は、この粘り、ぬめりを保湿成分に有効活用しています。

一方、利尻昆布の特徴は、ミネラルが豊富であることと、髪の補修力に優れているという点です。

髪をより健康にしたい、しっかりコシのある髪にしたい場合は利尻昆布ヘアカラーを選ぶといいですね。

また、しっとりと、割と柔らかめの仕上がりを目指したい方は、LpLp(ルプルプ)を選ぶとよいでしょう。

利尻昆布ヘアカラーとLpLp(ルプルプ)白髪染めの違いを調べてみました。

容器の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:容器が若干固い
  • LpLp(ルプルプ):柔らかいので出しやすい

カラーは同じ・香りの違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:3色・無臭
  • LpLp(ルプルプ):3色・アロマの香り

成分の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:利尻昆布がメイン、PH値6
  • LpLp(ルプルプ):ガゴメ昆布がメイン、PH値7

返金保証の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:手続きが面倒
  • LpLp(ルプルプ):手続きが簡単ですぐできる

似ているように思われがちな二つの製品も、少しずついろいろなところで違いがあるんですね。利尻昆布ヘアカラーは、製造に使われている水に特にこだわっていて、分子がものすごく小さい特殊水を使用していて天然成分重視です。

分子を小さくすることで、より髪への浸透をしやすくしているのもポイントです。

次に料金についても調べてみました。

  • 利尻昆布ヘアカラー:3240円(税抜き)
  • LpLp(ルプルプ):1980円(税込)

 初回限定の特典でLpLp(ルプルプ)は、通常価格より格安で1,980円になります。
 利尻昆布ヘアカラーはリタッチ用の白髪隠し付きの6,006円(税込)というコースもあり。

初回の価格の安さで選ぶのならなんといってもLpLp(ルプルプ)ですね!

ルプルプを使った体験談

白髪染めで痛みを感じる場合はどうすればいい?

siraga7市販の白髪染めは医薬品に分類されるので、かなり刺激の強い成分が入っています。肌がもともと弱い人アレルギー体質の人が白髪染めをするときは十分な注意が必要です。

また、普段は丈夫な肌の持ち主でも、春先の花粉の季節になるとこれもやはり、花粉で肌のバリア機能が削られてしまって、かなり乾燥した状態になってしまいます。

なので、普段は大丈夫な人でも春の白髪染めには注意が必要ですね。一般に、刺激が少なく、痛みも少ないものは染まりがよくないといわれていますが、今は昔よりも随分性能の良い製品が開発されており、敏感肌の人でも使えるようなものがたくさんでています。

そうはいっても、もしも痛みを感じてしまったとしたらどうすればよいのか、と言うよりは痛みをあらかじめ感じないようにするためにはどのようにすればいいのかを考えてみましょう。

    白髪染めをする前にすること

  • 頭皮にオイルを塗り込む
  • 生え際はクリームで保護する
  • 箱や取扱説明書に書かれている放置時間より少なめの時間で放置する
  • 頭皮をしっかり洗い流せるタイプのシャンプーを使うようにする

頭皮をしっかり洗えるシャンプーというのは、洗った時にスースーするようなものです。毛穴をしっかりクレンジングしてくれるようなものですね。頭皮を健康な状態で保つことはとても大切です。頭皮が健康だと、頭皮のバリア機能が高まり、痛みに対しても強くなります。

レフィーネでの白髪染めと美容院での白髪染めを併用できる?

siraga6白髪染めヘアカラートリートメント「レフィーネ」は、シャンプー前もシャンプー後もどちらでも使用できます。

放置時間が10分程度と短いのも大きな魅力の白髪染めです。

潤い成分もふんだんに入っているので、流した後とても気持ちがいいのが特徴です。レフィーネの白髪染めを普段から使用している場合、美容院の白髪染めと併用するのには注意があります。

どうしても、普段髪に使っている成分が残っているので、効果が出にくくなります。白髪染めトリートメントと、美容院での白髪染めは、まったく異なるものなのです。

    美容院とレフィーネヘッドスパ・白髪染めの違い

  • 美容院の白髪染めは、毛を脱色してから色を入れる
  • レフィーネは髪の上から色を塗りつける
    ※マニキュアタイプ
  • 美容院の白髪染めは薬品性が高く皮膚にも刺激が強い
  • レフィーネは酸性度は高くないが低刺激

このように性質の違うものなので、日数をあけて染めるのなら十分に対応は可能です。上手に併用すれば、お金も浮くし、手間もそんなにかかりません。

美容院だけではどうしても1か月くらいで、生え際が目立ってきてしまいます。毎月美容院に行くのも家計に負担かかるので、知恵を絞って上手に使うといいですね!

    美容院と白髪染めトリートメントを上手に併用するなら

  • 美容院へ行く10日~2週間前にはレフィーネの使用をやめる
    ※髪を、色の入りやすい状態に持っていく
  • 美容院で染めるのは3~6カ月に1回程度
    ※それ以外は、白髪染めトリートメントで自宅染め
  • 茶髪にしないで自然な髪色にする
  • 髪の健康のためにヘアケア製品を上手に使いこなす

髪が健康な状態を保つと、白髪染めの薬剤やトリートメントのさまざまな成分が効果的に働くことを手助けしてくれます。髪を常に一番よい状態に保てるよう、頑張るのが第一です。

白髪染めトリートメントを使用しているだけでは、生え際から伸びた白髪がどんどん伸びてしまうので、ちょっと追いつきません。年に2回~4回程度美容室でしっかり髪を染めてそれ以外は自宅で染める程度の頻度が頭皮やキューティクルの健康を一番保てます!

40代男性におすすめの白髪ケア製品

siraga4男性は女性と比べて白髪への関心が薄いですね。それよりも薄毛のほうに意識がいっているのが現状です。

薄毛になるよりかは白髪のほうがマシ、みたいなところがあるのでしょう。

とはいえ、日本人の黒髪は、白髪がまざってくると本当に目立つものなんですよね。

殆どの日本人女性は白髪を染める最近、男性でも「白髪を染めよう!」という人が増えていて、その傾向はどんどん強くなっています。

でも、美容室で男性が白髪染めをするのはまだまだ抵抗がある人が多く、男性専門美容室がとても賑わっています。また、メンズ用の白髪染めも多く市販されています。

    薬局で売っているヘアカラー

  • サンカラーマックス
  • メンズビゲン カラーリンス

手軽に手に入って、取り扱いは簡単だけど髪や頭皮にダメージが強いです。

    髪へのダメージが少ないもの

  • 利尻昆布ヘアカラートリートメント
  • ルプルプヘアカラトリートメント
  • レフィーネヘッドスパ

髪へのダメージが少ない分抜け毛や薄毛を防ぎます。やはり、自宅で染めるのは面倒、できるだけ雑誌を読んでいる間に、スマホを見ている間に毛染めが終わっているのが理想という人も多いでしょう。

そうなると、理容院や美容院で染めてもらうことになるのですが、脱色してから染めるために、薄毛や抜け毛が気になる人にはオススメできませんね。

白髪染めトリートメントは、ヘアマニキュアのような方法で染めるので使いやすく、お風呂に入りながらできるので手軽です。男性が使うなら、完全無香料の利尻昆布ヘアカラーが使いやすいですね!

⇒メンズヘアカラーに人気!

ルプルプとレフィーネを比較してみました!

siraga2白髪染めヘアカラートリートメントランキングでは、いつも上位にくいこんでいるのは、ルプルプレフィーネです。

サイトによってはルプルプのほうが上位だったりレフィーネのほうが上位だったりと違った結果が出ています。

いったいどれを参考にしたらよいのか、迷いますよね?

    ルプルプとレフィーネの違い

  • ルプルプのカラーよりレフィーネのカラーのが多く混ぜて使ってもいい
  • ルプルプの成分は微アルカリ性でレフィーネは微酸性
  • ルプルプは割と早く色が入りレフィーネの色は徐々にゆっくり入っていくが持続性がある

それぞれに特徴があるので自分に合っているのはどちらなのか選択しなければいけませんね。

    初回お試し価格

  • ルプルプ       税込1980円(200g)
  • レフィーネヘッドスパ 税込3600円(300g)

通常価格は両者ともほぼ同じだけど、初回だけのお試し価格がルプルプが格安です!
ただ、レフィーネは定期購入にした場合のお得度が高いようですね。

また、ルプルプがチューブ状の容器でレフィーネがポンプ式ということで、ポンプ式のほうが使用感がやわらかいですが、ルプルプのほうはチューブ状ということで、粘度は高く、伸びもよいといえます。両者の違いはほとんどなく、その人の好みの問題となってきますね!
迷っている人は初回のみ格安のルプルプをお安いうちに試しておくのがいいと思います!

白髪が多いロングヘアを染めるコツ

siraga1若いころからずっとロングヘアを保ち続けてきた人は、年齢を重ねてもずっと長い髪を保ちたいと思っている人がほとんどです。

さらさらのロングヘアはいつまでも女性の憧れです。しかしそんなロングヘアも、白髪がまざってくると少し状況が変わってきますね。

ショートヘアの白髪よりもロングヘアの白髪はずっとずっと目立つものだからです。

それなのに、ロングヘアを白髪染めしようと思うと、これがかなり難易度高いですよね。長い分時間もかかるし、家で自分で染めようにも短い髪を染めるのと比べるとどうしてもムラが出てきそうです。

ロングヘアの人の白髪染めは、どう対処すればいいか調べてみました!

上手なロングヘアの白髪染め方法

  • 頭部を5つのブロックにわける
  • 襟足から少しずつ染めていく

まずブロックに分ける時点でとまどってしまいますね。髪の量が多い人などは5つでは間に合いません。次に襟足から染めていくのですが、毛先まで染めるのでその長さまで染料がつかないようにしなければいけません。

長ければ長いほど大変なのは一目瞭然ですね。こういう煩わしさから解放されたくて、白髪が出はじめるとショートにしたい衝動にかられてしまう人も多いですね。

白髪染めはどのくらいの頻度で染めるのが適切?

siraga3白髪が増えてしまった人にとって、白髪をまったく染めないと
決めた人はよいのですが、白髪染めを始めてしまった人は、もう
これは最後まで延々続けていかなければならないものです。

なんとか最小限に抑えたいなというものの、なかなかそうも
いかないのが実情でしょう。

    白髪染めの頻度の基準

  • 年齢が若いか、それともある程度の年齢なのか
  • 白髪を絶対隠したいという思いが強いかそうでないか
  • 白髪染めにかけるお金に余裕があるかないか

いろいろな条件によって人それぞれ頻度が当然変わってきますよね。
だいたい染めてから1か月くらい経つと根元や生え際のあたりが目立ってきます。

白くなったところだけを「リタッチ」という形で部分的に染めるか、あるいは全体的に染めるか
よっても頻度は異なります。
2週間、3週間単位であまり頻繁に染めるのも、頭皮によいとは言えません。

美容院で染める市販のもので自宅で染める、そのどちらにしても1か月、1か月半、2か月に1回が
妥当
なところでしょうか。

そうはいっても自分は2か月以上経ってもまったく気にならない!という人は、もちろん自分の
ペースで染めてくださいね。

白髪を抜くと増えるって本当?

kenuki3_1白髪を抜くと増えるからやめたほうがいい
なんていうセリフを、誰もが一度は耳にしたことが
あるのではないでしょうか。

これは全く根拠がなく、「白髪を抜く」という作業を
続けていると、抜くことばかり気にするようになって
しまいます。

その結果、他の白髪も日々目に付くようになり、
白髪が増えたかも?という気になってしまうだけのことなのです。

しかし、抜くというのは毛根に強い刺激を与えるので、髪の健康のためにはやはり抜かないほうが
いいでしょう。

    白髪を抜くとどうなる?

  • 毛根が傷つき、毛根の働きが弱くなってしまう
  • 毛根がきちんと働けず次の毛が生えてこれなくなり薄毛につながる
  • 抜くことを続けると常に毛穴が開き気味になり、せっかく生えても抜けやすくなる

毛根は、頭髪の根元となる部分です。大切にしなければなりませんね。
毛根が健康であれば、白髪も防げるというものです。

無理に抜くことは絶対にやめて、もしどうしても気になるのなら根元近くでハサミでカット
するのがよいでしょう。