白髪染めのメリット・デメリット

siraga3年齢があがると、若い頃と比べ、身体的には随分衰えを
感じるようになります。

頭皮や毛髪も同様で、手や足の皮膚が硬くなるように
頭皮も硬くなってしまいます。

毛髪の悩みもいろいろです。

  • コシやハリがなくなった
  • ずっと使っていた白髪染めが合わなくなった
  • 白髪染めの色が肌の色と合わなくなった
  • 白髪の染まりが悪くなった

白髪染めの色が合わなくなったと感じでいても、今さら色を変えるのも勇気がいりますね。
そんな時、変に若作りしているように見られてしまうのも心外ですよね。

白髪を丁寧に一本も余すところなくしっかり染め上げるぞ!という気持ちでいるよりも
むしろもっと肩の力を抜いて楽な気持ちで白髪にむきあった方がいいですね。

白髪染めをすることによるデメリットが、メリットを上回ってしまったと感じた瞬間が、
白髪染めの止めどき、でしょうか。

高齢者でも不自然でない白髪染め!

siraga260代は、白髪があるのが当たり前のような
年代ですね。

日々忙しくて少々白髪染めを怠ってしまったとしても
世間からは「まあ、60代だししょうがないわね」と
若い頃よりは優しいまなざしで見てもらえます。

それに、年齢を重ねることで段々人間的にも精神が
図太くなってきています。

若い頃よりも周りの目が気にならなくなり、自分らしく
堂々と生きる
という選択をしやすくなっています。

同じく、白髪とのつきあい方も、随分余裕が出てきていますね。

精神的に負担の軽い方法で白髪を染めていく方法!

 月に1回必ず白髪を染めなければ!と自分を追い込むことをやめてみましょう。
 シャンプーをしながら徐々に少しずつ白髪を染めていきましょう。

染めるのに時間はかかるかもしれませんが、60代は若い頃より時間的にもかなり余裕があるので
この辺りの問題はクリア出来そうですね。

そしてやはり健康のことを第一に考えたいので、出来るだけ身体に負担の少ない方法
染めていきたいものですよね。

薬品をなるべく使わない(または少ない)染料で頭皮にダメージが少ない白髪染めを選んだ方が
いいと思いますよ。