レフィーネでの白髪染めと美容院での白髪染めを併用できる?

siraga6白髪染めヘアカラートリートメント「レフィーネ」は、シャンプー前もシャンプー後もどちらでも使用できます。

放置時間が10分程度と短いのも大きな魅力の白髪染めです。

潤い成分もふんだんに入っているので、流した後とても気持ちがいいのが特徴です。レフィーネの白髪染めを普段から使用している場合、美容院の白髪染めと併用するのには注意があります。

どうしても、普段髪に使っている成分が残っているので、効果が出にくくなります。白髪染めトリートメントと、美容院での白髪染めは、まったく異なるものなのです。

    美容院とレフィーネヘッドスパ・白髪染めの違い

  • 美容院の白髪染めは、毛を脱色してから色を入れる
  • レフィーネは髪の上から色を塗りつける
    ※マニキュアタイプ
  • 美容院の白髪染めは薬品性が高く皮膚にも刺激が強い
  • レフィーネは酸性度は高くないが低刺激

このように性質の違うものなので、日数をあけて染めるのなら十分に対応は可能です。上手に併用すれば、お金も浮くし、手間もそんなにかかりません。

美容院だけではどうしても1か月くらいで、生え際が目立ってきてしまいます。毎月美容院に行くのも家計に負担かかるので、知恵を絞って上手に使うといいですね!

    美容院と白髪染めトリートメントを上手に併用するなら

  • 美容院へ行く10日~2週間前にはレフィーネの使用をやめる
    ※髪を、色の入りやすい状態に持っていく
  • 美容院で染めるのは3~6カ月に1回程度
    ※それ以外は、白髪染めトリートメントで自宅染め
  • 茶髪にしないで自然な髪色にする
  • 髪の健康のためにヘアケア製品を上手に使いこなす

髪が健康な状態を保つと、白髪染めの薬剤やトリートメントのさまざまな成分が効果的に働くことを手助けしてくれます。髪を常に一番よい状態に保てるよう、頑張るのが第一です。

白髪染めトリートメントを使用しているだけでは、生え際から伸びた白髪がどんどん伸びてしまうので、ちょっと追いつきません。年に2回~4回程度美容室でしっかり髪を染めてそれ以外は自宅で染める程度の頻度が頭皮やキューティクルの健康を一番保てます!

HC染料を使ったら美容院には行けない?!その理由は?

 HC染料とは?いったいなにかわかりますか?

WS000026.JPG
白髪染めには沢山の種類がありますよね!

昔から使われているのが、「タール系色素」で、これは「赤色○号」や「青色○号」と成分一覧にかかれているもので、ほとんどの白髪染めトリートメントには入っています。くろめヘアカラーも、利尻昆布ヘアカラーも、ルプルプにも、です。

 HC染料は、2001年4月の化粧品規制緩和で、新たに化粧品への配合が許されたヘアカラー用の新しい染料なんです。

hc.png
分子のサイズが小さくて、キューティクルの隙間に入り、毛髪の内部にくっつき染まります。

脱色のようにキューティクルをむりやりあけたりしないので、髪も頭皮も傷まないので、薬品系のものが使えない人にとって、うれしい白髪染めです。

なにがダメなの?

  • 白髪染めトリートメントを継続して使うのには◎の成分
  • 過酸化水素など薬品系のカラーリングと混ざると変色しやすい
  • 化学変化する場合がある。

うえのように、たまに美容院の毛染めをしたり、市販のヘアカラーを使ったりする人は、その薬品と混ざってしまうことで、化学変化をまれにおこして、色が緑になったり、など、という心配があるので、注意して染めたほうがいいですよ。

私は美容院のカラーは、頭皮にしみるから、絶対に染めにいかない、っていう人は問題なしです。
もし、たまに市販のカラーや美容院で染めるなら注意ポイントを参考に!

白髪染めトリートメントを普段使用している人の注意

  • 美容室で、白髪染めする場合2週間ほど空ける
  • パーマをかける前も白髪染めトリートメントの使用を休む
  • ヘアカラー同士は化学変化起きないので、ラサーナはOK

いちいち日数をあけないといけないのが面倒くさい、という人は、ラサーナのヘアカラーなら同じ成分を使っているのでまったく気にしなくて大丈夫です。しかもラサーナのヘアカラーは、脱色しないで、染めるので、頭皮にダメージも与えにくいので、割と、やさしい白髪染めです^^⇒ラサーナのヘアカラー効果と使い心地は?

ヘアカラートリートメント使用後緑に染まる原因

check.jpgヘアカラートリートメント使用後緑に染まる原因

  greenhair.png

緑色に染まった髪を見たことありますか?!硫酸銀または硝酸銀が入っているカラークリームはちょっと扱いに注意しないといけませんね。

銀イオンに光が当たると、金属銀微粒子に変化することで、段々と白髪が染まっていく、という洗い流さない白髪染めがそれです。

お出かけ前にさっと髪に直接塗り、太陽の光を浴びているうちに、だんだん染まっていくというタイプですが、問題になっているので、使用しないほうが賢明でしょう。

でも、最近知ったのですが、それ以外でも、白髪染めトリートメントを使っていて、その後美容院のカラーリングをしたら、緑になってしまったという話題がにわかにあるようなので、よく注意しましょう。

白髪染めトリートメントで一番人気!ガゴメ昆布の白髪染め

HC染料とジアミン系の白髪染めが一緒に使われたのが、どうやら緑に染まる原因らしいですね。
つまり、銀イオンが入っていなくても注意しないといけないことがありそうですよ。

HC染料を使ったら美容院には行けない!

白髪染め微アルカリ性と酸性の違い

check.jpg白髪染め微アルカリ性と酸性の違い

白髪染め用ヘアカラーを選ぶときに、気になるのが、キューティクルや頭皮へのダメージで、なるべく将来的にも体へ害のないものを使いたいですよね。
白髪染めトリートメントはほとんどが中性の製品です。

酸性やアルカリ性というのは、水溶液(物質を水に溶かした液)の性質の名前です。
物質を水に溶かした液の性質を計るのに目安となる基準がpH値です。

phhikakusimasita.png

お酢は酸性お酢やクエン酸のように、すっぱい味のするものは酸性で、草などを燃やしたあとにできる灰を水に溶かした灰汁(あく)のように、苦い味のするものはアルカリ性です。

酸性からアルカリ性の間に0~14の目盛りをつけて比較するので、pH7を中性とし、それ未満を酸性、それより大きければアルカリ性としています。

強アルカリ剤の水酸化ナトリウムのようにうっかり触ると皮膚が溶けてしまうような劇薬がありますが、それなら酸性度が強ければダメージが少なく肌にいいのか、と思うと、それは間違いなので注意しましょう。

強アルカリ性は危険だが強酸性も危険強い酸性の塩酸や硫酸に触ると皮膚が焼けただれてしまうので、どちらも強すぎると肌には良くないということがわかりますよね?

市販のヘアカラー剤や美容院のカラーはph値11以上がほとんどです、染める前に脱色を行う段階で過酸化水素を使用します。安心なものを使いたいなら、それよりph値の低い白髪染めを選ぶとよいですね。

ヘアカラートリートメントのアルカリ性のまとめ

 結論
脱色をしない毛染め中性程度の白髪染めが頭皮に一番良い
ルプルプはPH7で中性の白髪染めトリートメント

バナー原稿 336×280 (120316)imp

肌は弱酸性を保っているので、頭皮も同じ。肌が弱酸性の状態を守るためには、中性程度の製品を使えば安心で、微アルカリ性(弱アルカリ性)の製品でもなるべくph値が低めのものを選べばいいでしょう。肌の健康を考えると、なるべく弱酸性の白髪染めを使えば一番いいけど、白髪がほとんど染まりにくくなるのでそれでは意味がないので、中性で十分だと思います。

完全無添加!ph値が中性の白髪染め!

茶髪も金髪の人も中性の白髪染めOK

初めて白髪染めする人に一番人気!

ヘアカラー薬事法で比較

check.jpgヘアカラー薬事法で比較

ヘアカラーリング剤を日本の薬事法で比較すると・・
yakuzihou.pngちょっと、わかりにくいですね。やはり、髪や頭皮の健康や将来的な体の健康を気にするのなら、やはり、酸化染毛剤は極力使わないほうがいいですね。特に医薬部外品って、全成分の表示を法的にも義務付けされていないので、少し心配が残ります。

  • 染毛剤(医薬部外品)・・主成分は、パラフェニレンジアミンなどの酸化染料
  • 染毛料(化粧品)・・主成分は化粧品に使用される酸性染料

白髪染めトリートメントは、ヘアマニキュアなので、毛髪を一時的に着色する程度です。

どうしても、長い期間の染め持ちはないので、白髪染めする人にとっては、不便ですが、しかたありませんね。

ラサーナの白髪染めは、市販のヘアカラーや美容院の毛染めに比べて少量しかジアミン系の酸化剤が入っていないので、まだこちらを使うほうがいいと思います!

ラサーナヘアカラー体験レビュー

でも、1週間の染めもちで大丈夫!薬品は使いたくない!ならこちらがイチオシ!

過酸化水素水の人体への影響は?

過酸化水素水の人体への影響は?

check.jpg過酸化水素水の人体への影響は?

過酸化水素水とは

主に酸化剤や殺菌剤、漂白剤として利用されるもので、オキシドールは代表的です。

6%を超える濃度では毒物及び劇物取締法で 劇物に指定されている。
髪染めには脱色剤として使用されていて、一般のヘアカラーには、1液と2液に分かれ、
2液に酸化剤(過酸化水素水)が含まれ、日本では6%まで配合 が認められています。

sihan.png
人体へのダメージは?

人体への影響は、昭和55年マウスの実験で、飲料水に
0.1~0.4%濃度の過酸化水素をマウスに74日間投与したあと、十二指腸癌の発生があったように、人体へ発がん性がある可能性がありと言われています。
ほかには、それほど激しくはないが以下があります。

  • 皮膚に触れると痛み。
  • 特に60%以上の高濃度品は皮膚がはがれる
  • 25%以上の液が皮膚など触れると激しい炎症。
  • 眼に入ると激しい痛みを受ける。

このようにジアミンを代表とする過酸化水素水は、市販のヘアカラーも美容院のヘアカラーも入っています。

当然髪や頭皮にも良い効果はなく、そればかりか、人体へのダメージも与えないとはとても言い難いです。早いうちから、白髪染めトリートメントに切り替えていくのがオススメです。

白髪染めトリートメントで比較!頭皮へダメージ度(PH値)

check.jpg白髪染めトリートメントの頭皮への比較しました。

市販のヘアカラーや美容院での毛染めで髪が傷み、抜け毛や頭皮が心配・・・そんな人に、天然成分の白髪染めトリートメントやヘアカラートリートメントがおすすめです!

防腐剤や酸化染料を一切使わず、無添加・天然素材の白髪染めだから安心して使えます。でも、白髪染めヘアカラートリートメントって、それぞれ少し違うんです。特徴おさえて、あなたに合ったものを選びましょう。

hikaku10.jpg

ph2.jpg

市販のヘアカラーや美容院のカラーはPH値が11から13程度あるのが通常で、アルカリ性になります。しっかり染まるけど、脱色を行うので髪や頭皮にダメージはあります。美容院のカラーリングは染める時に、薬品から地肌や髪の傷みを保護する栄養も与えているので薬局などにある市販のヘアカラーよりはましです。

市販のヘアカラーは、PH13もあるのが多く、ジアミン系の薬品を使った製品が多く、美容院の毛染めと違って、何も保護しないで染めるため、頭皮へのダメージが強いので、敏感な肌の人は避けたほうがいいでしょう。

PH値は中性であれば、頭皮にダメージがほとんどなく良いのですが、その分染まりにくくなります。

利尻昆布へアカラーやピュアリッチがPH7でちょうど中性にあたります。両社の白髪染めは、頭皮にもほとんどダメージが少なく、その割にはちゃんと染まるので、おすすめです。

肌がアトピーぎみでアレルギーがある人や、抜け毛や薄毛が気になる人は、くろめヘアカラーが一番刺激が少ないので安心です。ただし、酸性に近いと染まりにくいので、1回で染めるのではなく、毎日白髪染めしてゆっくりと染めあげるようになります。

また、レフィーネヘッドスパやLpLp(ルプルプ)も、人気です。

レフィーネヘッドスパは、色が4色あるから、初めて使用する人でも髪の色を混ぜて自分のカラーを作れるので、金髪の人や外人の人でも使える白髪染めです!中性なので、刺激も弱くていいですよ!

頭皮に大きな悩みがなく面倒くさがりの人は、ラサーナ白髪染めは染め持ちが長いのでいいですよ!弱アルカリ性白髪染めヘアカラーで、美容院や市販のヘアカラーのPH値より、低く使いやすいです。
ジアミン系の薬品は少量使っていますが、天然成分が多く、昆布や花などの天然の染料を主に使用しています。

早くしっかり染めたい派
ルプルプ白髪染めトリートメントHP⇒http://www.626214.com/

茶髪の人のリタッチ!色まぜて自分のカラーにできる
レフィーネヘッドスパHP⇒http://www.8341.jp/

染まりにくくても髪に労りたい派
利尻昆布ヘアカラーHP確認⇒http://www.sastty.com/  

染め持ち長く市販の白髪染めより自然派
ラサーナ白髪ぼかしHP確認⇒http://www.lasana.co.jp/  

ph値の見方はコチラ⇒微アルカリ性の白髪染めは?

 白髪染め微アルカリ性と酸性の違い

初めて白髪を染めるときの注意点

白髪染めトリートメントをもっとうまく使いこなすコツ

 初めて白髪染めトリートメントを使いますが、何か注意しておくことはありますか?

 必ず薄いビニール手袋(使い捨てのものでOK)を準備しましょう。くしを使って染めることはできますが、細かい生え際の白髪は指を使って染めるのが一番よく染まります。手についてもお湯で落ちますが、爪の中に入ると2日くらい残ることがあります。

 また、絶対にくもらない鏡を準備しましょう。お風呂場の鏡が曇り、ほかには準備できないのなら、お風呂に入る前に乾いた髪でシャンプー前に白髪染めを行えばキレイに染まります。

白髪染めトリートメント 注意2

check.jpg白髪染めトリートメント 注意2

白髪染めトリートメントは、コツがわかれば、毎回染めムラもなくキレイに染まります!テクニックを覚えてしっかりと染めて健康な頭皮作りを行いましょう。

白髪染めトリートメントだから、シャンプー後に使う!と思い込んでいる人が多いですがどちらでもOK。私のおすすめは、シャンプー前の白髪染めトリートメントです。一番気になる生え際の部分など、鏡を見ながら乾いた状態でべったり白髪染めトリートメントを塗りましょう。

そして、その周辺もしっかり塗り、10分~20分ほどたってから、お風呂に入ります。タオルで頭を包み、シャワーキャップなどかぶり湯船につかります(これがあたため効果があり白髪の染料がよくしみこみます)。その後、洗い流して、シャンプーして、いつも使っているトリートメントやリンスを使用するという順序で行えば、しっかり染まりますよ。

一番人気の白髪染めトリートメント
バナー原稿imp

白髪染めトリートメントの染め持ち!平均的な期間は?

check.jpg白髪染めトリートメント 注意3

 白髪染めトリートメントで白髪染めできる効果はどのくらいですか?

 白髪染めトリートメントで白髪染めをした場合って、どのくらいもつのか?使用頻度はどのくらい必要か?についてですが、答えは約5日~8日程度でしょう。

約1週間と言っている人が多いようですが、やはり人によって若干違っています、外出する日の前の日は必ず、白髪染めトリートメントを使用して、しっかり染めておくという気づかいをしています。外出しない日はいつもの通り、1週間おきに白髪染めトリートメントを使用する、という感じでいいと思います。

ただ、急に出かける時に生え際にちらちらと白髪が見えてしまうのは残念ですよね、リタッチ用の白髪があるので、一時染めならそれを使っても便利♪⇒

リタッチ用白髪染め

始めて使う人にお得な白髪染めトリートメント
バナー原稿imp

市販の白髪染めヘアカラーは刺激強めでダメージ多い!

check.jpg白髪染めヘアカラーは髪傷める!

biyouin.jpg
市販の白髪染めヘアカラーは、一般的に毛髪、頭皮へダメージを与えてしまいます。 それは自然の素材を使っているのではなく強い薬品を使用しているので仕方がないことなのです。

しかし、白髪染めをしても、2週間から1ヵ月後には色落ちしてしまう事多く、色落ちした場合は、さらに同じようにもう一度、白髪染めをする人が大部分を占めています。

何度も髪の毛に強い薬品を投下させるのですから、繰り返すほどに髪質が傷んでいきます。

また、2週間程度で再度染めている人も多いようですが、おおよそ髪の毛が3㎜伸びると根本の白髪が目立つためです。
管理人も初期の白髪の頃は、何度も市販のビゲ●ヘアカラー白髪染めを利用していましたが、みるみると髪がダメージを受けツヤのない針金のような髪質に変わってしまいました。

白髪染めは、短期間に繰り返すと、毛髪、頭皮に蓄積されたダメージを与えて続けています。そのためには、常にしっかりとした毛髪へのトリートメントを行ったり、 頭皮のケアでダメージを抑える必要があります。

この点で美容室の白髪染めは徹底していて、同じ薬品を使いながらも、丁寧なトリートメントとヘアケアに神経を使ってくれているので、市販のヘアカラーに比べて傷みの度合いも軽いほうだと思います。しかし、かなり割高ですよね。管理人は髪がロングなので白髪染めと特別なトリートメントをしてもらうだけで毎回一万円超えていました・・・涙

人気の白髪染めトリートメントルプルプで白髪染め体験
もっと長持ちする白髪染め発見!