傷んだ髪の修復は原因を知ることで解消!

check.jpg傷んだ髪の修復は原因を知ることで解消!

【なぜ髪が傷むのか】

髪が傷んで悩んでいる人も多いかと思います。なぜ髪が傷んだのか、原因がわかれば髪の傷みの進行も防げると思います。

髪の痛みの原因

  • ブラッシング
  • ドライヤー
  • シャンプー
  • 紫外線
  • ストレス

ブラッシングは頭皮の血行をよくするために必要です。でも荒っぽくブラッシングすると逆にキューティクルが剥がれて髪が傷む原因になります。

ドライヤーは、髪の毛はたんぱく質なので熱に弱いのです。つまりドライヤーを近づけ過ぎると髪が傷んでしまいます。

シャンプーは、髪にも頭皮にもシャンプーは毎日した方がいいのですが、あまり強くこすったりすると痛みがより悪化します。

紫外線により、皮膚が日焼けするように、毛髪や頭皮も同じようにもヤケドをします。

ストレスは、脱毛や毛髪の発育不良になりやすくなります。傷んだ髪はより痛みやすくなります、ストレス以外に睡眠不足や不規則な食生活も原因となります。

このように髪の毛はいろいろな原因で傷んでしまいます。
一つでも思いあたるものがあれば注意してみるのがいいですね。
顔や体に気を使うように髪も気を使ってみましょう。

完全無添加!ph値が中性の白髪染め!

初めて白髪染めする人に一番人気!

白髪染めヘアカラートリートメントのメリットは?

check.jpg白髪染めヘアカラートリートメントのメリットは?

白髪染めトリートメントは「化粧品」の分類なので、成分をすべて表示する必要があり、沢山付かている成分から順番に製品にのせておくのが義務付けられていますが、医薬部外品はそうではありません。

市販のヘアカラーは、医薬部外品なので、成分のすべてが書いているわけでもなく、掲載の順番も何も規定されていません。どうしても、殺虫剤などと同じ分類になるので、この辺の線引きが将来も難しいようですね。

たとえば、LpLp(ルプルプ)の白髪染めに入っている成分で、「フコイダン含有海藻エキス」についてあげれば、この成分が染料のメインで、とても、頭皮や免疫力に有効なメリットがあります!

  1. 毛のないマウスに紫外線を照射して実験<
  2. マウスは肌に直接紫外線を浴び、深いシワができるかをみる。
  3. フコイダン含有海藻エキスを塗った上に照射したマウスにしわが少なかった!
  4. さらに、同じマウスのコラーゲンの減少も少なかった。

ヘアカラーの頭皮ダメージで比較!

過酸化水素水の人体への影響は?

頭皮の痛み少ない白髪染め選び

check.jpg頭皮の傷み少ない白髪染め選び

nayami01.png 50代は、かなり白髪が気になるようになり定期的に染めるようになってから約10年~15年、もっと長い人では20年近く、白髪染めの薬剤に頭皮が酷使されてきているわけです。

これは、頭皮にとってはかなり気になる現実ではあります。普段使っている基礎化粧品の成分に気を遣うことと同じぐらい、白髪染めの成分も意識して選択していきたいものです。

白髪の量は年を追うにつれ飛躍的に増えていきますので、白髪染めの量もそれに比例して増えていくことでしょう。この先もずっと白髪染めをし続けていくのであればなおさら、頭皮、毛髪に優しい成分のものを選ぶべきではないでしょうか。

以前は美容院で白髪染め用にカラーリングしてもらっても、頭皮の痛みって気にならなかったはずが、急に痛みを感じるようになる、ということは誰でもあります。

薬品が変わっているわけではなく、加齢やたび重なるダメージにより、頭皮が敏感になってしまった結果ですね。
頭皮にダメージを与えずにカラーリングや白髪を隠す方法って何があるでしょう?

  • 白髪染めトリートメントを使用する
  • 出かけるときだけ部分ウィッグをつける

頭皮の痛みの程度にもよりますが、毎月美容院で白髪染めをしていたのを、半年に一回に減らし、その間は白髪染めトリートメントを使用するというのもいいでしょう。

ある機関のアンケート調査によると、50代では約9割の人が白髪染めをしており、6割の人が一ヶ月に一回以上染めているという結果が出ています。

ほとんどの女性がこの年齢になると悩んでいる問題ですね!自分だけで抱え込まず前向きに白髪と向き合っていきましょう。

白髪染め・アレルギー肌で注意するポイント

check.jpg白髪染め・アレルギー肌で注意するポイント

 hair02.png
「髪のエイジングケア」といえば、真っ先に思い浮かぶのが白髪染めだけど、、「しょっちゅう染めるのだから、安い物で」と、白髪染めを安易に選ぶのは、危険です。

安価な白髪染めは、化学的につくられた刺激性の強いものがほとんどだから、繰り返し使い続けていると、体にさまざまな悪影響をおよぼしかねません。

特に皮膚アレルギーや頭皮アレルギーのように肌が敏感な人は十分注意しないといけません。

頭皮・皮膚アレルギー

白髪染めの成分が、髪だけでなく地肌に与える影響も無視できません。
化学薬品は、地肌に触れると皮膚障害やアレルギー症状の原因にもなります。
特に、合成界面活性剤や発ガン物質を含むことが多い酸化型染毛剤は深刻なので注意しましょう。

肝臓障害

化学薬品の悪影響が心配されるのは、白髪染めに直接触れる部分でなく、多くの化学系白髪染めに使われるパラフェニレンジアミン(PPD)は、皮膚から吸収蓄積され、肝臓・腎臓に悪影響をおよぼすと言われます。

髪のダメージだけではなく、健康も害すほどのダメージが強い白髪染めは十分注意して選ばないといけないことがわかったでしょうか。

白髪染めトリートメントは、髪内部にではなく、髪のキューティクル表面に絡めて染めていくタイプで化学薬品を含まないので、その分長くは染まらないですが、アレルギーや体へのダメージの心配がありません。

頭皮・アレルギーへの影響で比較する白髪染め

白髪と喫煙!禁煙すれば髪は変わる?

check.jpg喫煙は、百害あって一利なし

 smoke.jpg
ストレスの多い生活を送っていると、白髪が増えると言うことは、最近では既に周知の事実となってきています。

またストレスの多い生活を送っている人、ストレスのかかえる仕事をしている人に共通している習慣のうちの一つに、「喫煙」があるとされています。

身に覚えのある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。喫煙をすることで、瞬間的にはストレスがやわらぐのかもしれませんが、タバコに含まれるニコチンは、体内にあるビタミンCを消失させてしまいますし、毛細血管も収縮させてしまいます。

ビタミンCに至っては、ストレス緩和の効果があるものなのに、これを消失してしまうのですから、元も子もありません。

毛髪の健康にとって喫煙をすることは本当に、百害あって一利なしと言えます。今、喫煙が習慣になってしまっている人で白髪に悩んでいる人は、少しずつでも良いので禁煙を心がけていきたいものですね。

頭皮マッサージ効果で白髪は生まれ変わる!

check.jpg頭皮マッサージ効果と白髪

 hair08.png
知り合いの美容師さんから聞いた話なのですが、白髪が多い人は、頭皮が硬くなっている傾向にあるようです。

まれにそうではない方もいますが、概ね、頭皮が硬い人が多いとおっしゃっていました。
これは、頭皮がカチコチになって血行が悪くなっていることで、毛髪への栄養が行き届かず、白髪になってしまっている、と考えてよいでしょう。

そうとわかれば白髪の改善策として、是非とも生活の中に頭皮マッサージを取り入れたいものです。美容院で洗髪をしてもらう際に、指の腹で頭皮をしごいてもらっているようなあの感覚でもみほぐすようにマッサージ出来るといいですね。

お風呂の中でお気に入りの香りのついたオイルなどを使ってマッサージをするのも、癒やし効果があってリラックスできそうですよね。また、お風呂の中だと毛穴が開いているので、より高いマッサージ効果が得られることです。

簡単に行いたいのなら、実はシャンプー前のブラッシングが頭皮マッサージの効果となり、更に、シャンプー前にブラッシングすることで汚れがキレイに落ちやすくなります。

こだわるのなら、ブラシもプラスティック製品ではなく、つげのブラシを使えば、頭皮にも良い刺激が与えられます!是非とも利用しませんか!

頭皮が柔らかくなると血行がよくなり栄養が行き渡るようになり、健康な髪が育ちます。年齢は進んでも白髪が減るという現象が現実に起こっているそうです!

頭皮のケアが効く!エイジングヘアケアで白髪が減るらしい

check.jpg頭皮のケアが大事!エイジングヘアケア

 白髪染めはどんなに頑張っても髪や頭皮に負担を与えます。
本当はどうしても、白髪を隠したいというなら、ヘアマニキュアがおすすめなんです、だから、白髪染めトリートメントを当サイトではおすすめしています。

美髪の要であるのは、本来は「頭皮」ですが、意外と知られていません。
健康な髪を育てる畑でもある頭皮のケアを怠っていては、髪の美しさやダメージ補修など語れません。

つまり、髪のダメージを補修することよりももっと重要なのは「これから育つ髪」のクオリティを上げることなんです!

きれいにセットしてしまえば、髪の内部のことは、肉眼ではまったく見えませんから気が付きません。しかし、頭皮にトラブルがあると、これがフケとして目に見えるようになります。これが、大きな危険信号です。

頭皮と顔の皮膚で違うところはというと、毛穴の数やサイズですが、頭皮の毛穴(皮脂腺)は顔のTゾーンの3倍もあるというのは知っていますか?

また、体のどの部分よりも、皮脂腺の数が多く、皮脂分泌が活発なのが頭皮の特徴です。
しかも常に、「髪に覆われている」ので、蒸れやすく洗いにくいし、温度も湿度も高くなってしまうのです。

つまり、頭皮には、常に雑菌が繁殖しやすくなっているため、顔にも増して注意深くお手入れをしなければならないわけです。

シャンプーは2日に1回しか行わないという人がよくいますが、実は顕微鏡で頭皮を見てみると、皮脂がたっぷりとこびりつき、毛穴をふさいでしまっている方が意外にも多いという事実がわかっています。

頭皮は常に清潔にし、血流をよくしていることで、髪にも栄養がいきますので、頭皮ケアがヘアケアに重要であることが十分納得できると思います!

頭皮ケアシャンプー

白髪染めトリートメントとヘアケア!中年からのお手入れは?

check.jpg白髪染めトリートメントとヘアケア

 市販のヘアカラーよりダンゼンにやさしい白髪染めは、やはり、いま人気の白髪染めトリートメント。白髪染めトリートメントなら毎日使えてダメージが0だから安心ですけど、その理由はなぜでしょうか?

白髪は染めたいけど、髪へのダメージが気になる人意外と多くないですか?

そんな方には白髪染めトリートメントがぴったりで、ダメージ髪にやさしい白髪染めの理由には、まず保湿たっぷり有効成分が含まれているので、白髪染めでなくても、髪や頭皮を守る成分がたっぷりでヘアケアとして有効です。

一般には、市販のヘアカラーや美容院の毛染めには、酸化染毛剤が含まれ、髪によくないアルカリ剤でキューティクルを強制的に開き、そこに色を入れるため、弱酸性である髪が壊れてしまうのです。

キューティクルとは、髪の水分を保持するウロコのようなもので、密に整っているのが健康な状態なんです。これがめくれたりはがれたりすると水分が流れ出してパサつきの原因になります。

市販のヘアカラーはどうしても薬品系の強い成分が含まれるので、このキューティクルを壊してしまいます。
一度はがれてしまったキューティクルま元にもどりません。

そのままにしておけば、頭皮も傷みをかかえたままで、ダメージ髪だけでなく、顔のスキンケアにも影響がでるほどのダメージがでてしまう可能性があるので、しっかりと、スキンケアと同じように頭皮もヘッドケアが必要なんです。

ヘッドスパ効果ある白髪染めトリートメント

40代で人気!白髪染めトリートメントをカラーで選ぶ

check.jpg40代の人気白髪染めトリートメント

 若いときの白髪染めは、半年に1回、または季節ごとに1回~2回で済んだものが、40代ともなるとそのペースには到底追いつかなくなってきますよね。

髪は一ヶ月に一センチ伸びることを考えると、若い頃よりも更に頻繁に染めなければならず、髪への負担は高まる一方です。髪どころか、頭皮への影響も懸念されます。

しょっちゅう使うことなくたまに使うだけの白髪染めなら値段も安くてどこでも手に入る手頃なものでも良いかもしれませんが、一ヶ月に一度使うものだから、なるべく髪や頭皮への負担が優しいものを選びたいですしね。

今、インターネットの白髪染めトリートメントの売上ランキングではレフィーネが首位を占めていますが、利尻昆布エキスなどの自然の成分を使った製品も沢山ランクインしていますよね。

自然の天然成分の白髪染めトリートメントは、色の種類があまり選べないのですが、レフィーネは、色の展開が豊富で、好きな色に混ぜて作ることができるのがいいですよね!

私も、いつもブラウンに染めているので、他の白髪染めトリートメントのブラウンだと、黒っぽかったり、妙に明るかったりなどちょっと不満あります。

年齢があがっても、髪の色にはこだわりたいという人が多いから、人気なんだと思いますね。
人気の白髪染めトリートメント<

若白髪で使う白髪染めヘアカラーのおすすめは?

check.jpg若白髪を予防する食事(栄養素)

 最近では、スーパーやドラッグストアに行くと、かなり沢山の種類の白髪染めヘアカラー商品があります。

比較的安価なものから高価なものまでそのラインナップは様々ですよね。

一液と二液をまぜて使うタイプのものや、クリームタイプやムースタイプのもの、チューブから絞り出して使うタイプ、マスカラやスティックのような形状で、お出かけ前にピンポイントに白髪を染めることのできるもの・・、効果は穏やかとはいえ、安心安全な自然の素材を使ったもの等色々発売されています。

若いうちから美容院で毎回染めるのは金銭的にも負担が大きく、やはり自分で染めるという選択肢は不可欠だと思います。

個人個人の髪質、肌質などは本当に千差万別なので、ほかの人が薬品系は良くないと言っても、実際に使ってみたら、それほどのダメージがない、ということもあると思います。

いろんな比較情報やランキングもあるので、やはり染まりやすくて、そんなに強い薬品でなければいいかなって思います。

 私の息子は中学のときからすごく白髪が多くて、実は、ルプルプ白髪染めヘアカラーをずっと使っています。染まりやすいし、使いやすいといって、喜んで使っていますよ^^