白髪染めで痛みを感じる場合はどうすればいい?

siraga7市販の白髪染めは医薬品に分類されるので、かなり刺激の強い成分が入っています。肌がもともと弱い人アレルギー体質の人が白髪染めをするときは十分な注意が必要です。

また、普段は丈夫な肌の持ち主でも、春先の花粉の季節になるとこれもやはり、花粉で肌のバリア機能が削られてしまって、かなり乾燥した状態になってしまいます。

なので、普段は大丈夫な人でも春の白髪染めには注意が必要ですね。一般に、刺激が少なく、痛みも少ないものは染まりがよくないといわれていますが、今は昔よりも随分性能の良い製品が開発されており、敏感肌の人でも使えるようなものがたくさんでています。

そうはいっても、もしも痛みを感じてしまったとしたらどうすればよいのか、と言うよりは痛みをあらかじめ感じないようにするためにはどのようにすればいいのかを考えてみましょう。

    白髪染めをする前にすること

  • 頭皮にオイルを塗り込む
  • 生え際はクリームで保護する
  • 箱や取扱説明書に書かれている放置時間より少なめの時間で放置する
  • 頭皮をしっかり洗い流せるタイプのシャンプーを使うようにする

頭皮をしっかり洗えるシャンプーというのは、洗った時にスースーするようなものです。毛穴をしっかりクレンジングしてくれるようなものですね。頭皮を健康な状態で保つことはとても大切です。頭皮が健康だと、頭皮のバリア機能が高まり、痛みに対しても強くなります。

白髪染めのメリット・デメリット

siraga3年齢があがると、若い頃と比べ、身体的には随分衰えを
感じるようになります。

頭皮や毛髪も同様で、手や足の皮膚が硬くなるように
頭皮も硬くなってしまいます。

毛髪の悩みもいろいろです。

  • コシやハリがなくなった
  • ずっと使っていた白髪染めが合わなくなった
  • 白髪染めの色が肌の色と合わなくなった
  • 白髪の染まりが悪くなった

白髪染めの色が合わなくなったと感じでいても、今さら色を変えるのも勇気がいりますね。
そんな時、変に若作りしているように見られてしまうのも心外ですよね。

白髪を丁寧に一本も余すところなくしっかり染め上げるぞ!という気持ちでいるよりも
むしろもっと肩の力を抜いて楽な気持ちで白髪にむきあった方がいいですね。

白髪染めをすることによるデメリットが、メリットを上回ってしまったと感じた瞬間が、
白髪染めの止めどき、でしょうか。