レフィーネでの白髪染めと美容院での白髪染めを併用できる?

siraga6白髪染めヘアカラートリートメント「レフィーネ」は、シャンプー前もシャンプー後もどちらでも使用できます。

放置時間が10分程度と短いのも大きな魅力の白髪染めです。

潤い成分もふんだんに入っているので、流した後とても気持ちがいいのが特徴です。レフィーネの白髪染めを普段から使用している場合、美容院の白髪染めと併用するのには注意があります。

どうしても、普段髪に使っている成分が残っているので、効果が出にくくなります。白髪染めトリートメントと、美容院での白髪染めは、まったく異なるものなのです。

    美容院とレフィーネヘッドスパ・白髪染めの違い

  • 美容院の白髪染めは、毛を脱色してから色を入れる
  • レフィーネは髪の上から色を塗りつける
    ※マニキュアタイプ
  • 美容院の白髪染めは薬品性が高く皮膚にも刺激が強い
  • レフィーネは酸性度は高くないが低刺激

このように性質の違うものなので、日数をあけて染めるのなら十分に対応は可能です。上手に併用すれば、お金も浮くし、手間もそんなにかかりません。

美容院だけではどうしても1か月くらいで、生え際が目立ってきてしまいます。毎月美容院に行くのも家計に負担かかるので、知恵を絞って上手に使うといいですね!

    美容院と白髪染めトリートメントを上手に併用するなら

  • 美容院へ行く10日~2週間前にはレフィーネの使用をやめる
    ※髪を、色の入りやすい状態に持っていく
  • 美容院で染めるのは3~6カ月に1回程度
    ※それ以外は、白髪染めトリートメントで自宅染め
  • 茶髪にしないで自然な髪色にする
  • 髪の健康のためにヘアケア製品を上手に使いこなす

髪が健康な状態を保つと、白髪染めの薬剤やトリートメントのさまざまな成分が効果的に働くことを手助けしてくれます。髪を常に一番よい状態に保てるよう、頑張るのが第一です。

白髪染めトリートメントを使用しているだけでは、生え際から伸びた白髪がどんどん伸びてしまうので、ちょっと追いつきません。年に2回~4回程度美容室でしっかり髪を染めてそれ以外は自宅で染める程度の頻度が頭皮やキューティクルの健康を一番保てます!

ルプルプとレフィーネを比較してみました!

siraga2白髪染めヘアカラートリートメントランキングでは、いつも上位にくいこんでいるのは、ルプルプレフィーネです。

サイトによってはルプルプのほうが上位だったりレフィーネのほうが上位だったりと違った結果が出ています。

いったいどれを参考にしたらよいのか、迷いますよね?

    ルプルプとレフィーネの違い

  • ルプルプのカラーよりレフィーネのカラーのが多く混ぜて使ってもいい
  • ルプルプの成分は微アルカリ性でレフィーネは微酸性
  • ルプルプは割と早く色が入りレフィーネの色は徐々にゆっくり入っていくが持続性がある

それぞれに特徴があるので自分に合っているのはどちらなのか選択しなければいけませんね。

    初回お試し価格

  • ルプルプ       税込1980円(200g)
  • レフィーネヘッドスパ 税込3600円(300g)

通常価格は両者ともほぼ同じだけど、初回だけのお試し価格がルプルプが格安です!
ただ、レフィーネは定期購入にした場合のお得度が高いようですね。

また、ルプルプがチューブ状の容器でレフィーネがポンプ式ということで、ポンプ式のほうが使用感がやわらかいですが、ルプルプのほうはチューブ状ということで、粘度は高く、伸びもよいといえます。両者の違いはほとんどなく、その人の好みの問題となってきますね!
迷っている人は初回のみ格安のルプルプをお安いうちに試しておくのがいいと思います!