LpLp×利尻昆布ヘアカラー比較

白髪染めトリートメント1回でよく染まるLpLp(ルプルプ)の主成分のガゴメ昆布と利尻昆布ヘアカラーの主成分の利尻昆布で、両者の決定的な違いは、仕上がり方ですね!

ガゴメ昆布は非常にヌルヌルで強烈な粘り気があります。LpLp(ルプルプ)は、この粘り、ぬめりを保湿成分に有効活用しています。

一方、利尻昆布の特徴は、ミネラルが豊富であることと、髪の補修力に優れているという点です。

髪をより健康にしたい、しっかりコシのある髪にしたい場合は利尻昆布ヘアカラーを選ぶといいですね。

また、しっとりと、割と柔らかめの仕上がりを目指したい方は、LpLp(ルプルプ)を選ぶとよいでしょう。

利尻昆布ヘアカラーとLpLp(ルプルプ)白髪染めの違いを調べてみました。

容器の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:容器が若干固い
  • LpLp(ルプルプ):柔らかいので出しやすい

カラーは同じ・香りの違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:3色・無臭
  • LpLp(ルプルプ):3色・アロマの香り

成分の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:利尻昆布がメイン、PH値6
  • LpLp(ルプルプ):ガゴメ昆布がメイン、PH値7

返金保証の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:手続きが面倒
  • LpLp(ルプルプ):手続きが簡単ですぐできる

似ているように思われがちな二つの製品も、少しずついろいろなところで違いがあるんですね。利尻昆布ヘアカラーは、製造に使われている水に特にこだわっていて、分子がものすごく小さい特殊水を使用していて天然成分重視です。

分子を小さくすることで、より髪への浸透をしやすくしているのもポイントです。

次に料金についても調べてみました。

  • 利尻昆布ヘアカラー:3240円(税抜き)
  • LpLp(ルプルプ):1980円(税込)

 初回限定の特典でLpLp(ルプルプ)は、通常価格より格安で1,980円になります。
 利尻昆布ヘアカラーはリタッチ用の白髪隠し付きの6,006円(税込)というコースもあり。

初回の価格の安さで選ぶのならなんといってもLpLp(ルプルプ)ですね!

ルプルプを使った体験談

利尻昆布×レフィーネヘッドスパ比較

天然成分の白髪染めトリートメント白髪染めヘアカラートリートメント界の先駆者とも言われる「利尻昆布ヘアカラートリートメント」は自然成分たっぷりで、昔から髪に良いとされていた昆布エキスをふんだんに使っているという魅力があります。また製品に歴史がある分、使用者が多いので口コミにも定評があるという安心感があります。

一方、レフィーネヘッドスパは後発でありながら、こちらも天然のミネラル成分をたっぷりと配合し、ドイツ産の泥を染色の成分に利用しているなど、独自の製品開発をしています。どちらもおなじ「ヘアカラートリートメント」ということで、ヘアマニキュアとトリートメントを足したような位置づけとなっています。しかし、このようなものは長く使い続けてこそ、効果が実感できるものなので、最初にどちらを選ぶか、は大きなポイントです。
利尻昆布ヘアカラーと、レフィーネヘッドスパ、同じような値段で、同じような成分であれば、どちらを選ぶのが得策なのでしょうか?参考までに両者を比較してみましょう。

容器の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:ボトルタイプ
  • レフィーネヘッドスパ:ポンプタイプで出しやすい。

※ポンプはそのまま再利用OK
※次回以降はリフィルを買い足す。

カラーの違い

  • 利尻昆布の色の数は3色
  • レフィーネヘッドスパは4色(混ぜてもOK)
染まり具合の違い

  • 利尻昆布は、色が染まるのが早い。
  • レフィーネヘッドスパは、色の浸透まで若干時間がかかる。

レフィーネは、ヘッドスパとあるだけ、頭皮の健康を考えて作られています。地肌から髪を健康にして、白髪を目立たなくしていこう、というわけなんですね。また、カラーを混ぜて自分の髪色に近いものを作るのができるので、黒髪でない人はレフィーネがいいでしょう。

白髪染めトリートメントの中でも早く色がつく利尻昆布は、忙しい目の人に向いています。また、香りが全くしないので、男性の白髪染めや匂いが気になる人にとっても利尻昆布ヘアカラーがおすすめです。利尻昆布の初回購入者には、お得なセットもあるので検討してみるといいですね!

  • レフィーネヘッドスパ 300グラム3600円(税込)
  • 利尻昆布  200グラム 3240円(税抜き)

 利尻昆布ヘアカラーはリタッチ用の白髪隠しがついて6006円(税込)とのコースがあるのでお得ですね!

利尻昆布ヘアカラーを使った体験談