白髪染めで痛みを感じる場合はどうすればいい?

siraga7市販の白髪染めは医薬品に分類されるので、かなり刺激の強い成分が入っています。肌がもともと弱い人アレルギー体質の人が白髪染めをするときは十分な注意が必要です。

また、普段は丈夫な肌の持ち主でも、春先の花粉の季節になるとこれもやはり、花粉で肌のバリア機能が削られてしまって、かなり乾燥した状態になってしまいます。

なので、普段は大丈夫な人でも春の白髪染めには注意が必要ですね。一般に、刺激が少なく、痛みも少ないものは染まりがよくないといわれていますが、今は昔よりも随分性能の良い製品が開発されており、敏感肌の人でも使えるようなものがたくさんでています。

そうはいっても、もしも痛みを感じてしまったとしたらどうすればよいのか、と言うよりは痛みをあらかじめ感じないようにするためにはどのようにすればいいのかを考えてみましょう。

    白髪染めをする前にすること

  • 頭皮にオイルを塗り込む
  • 生え際はクリームで保護する
  • 箱や取扱説明書に書かれている放置時間より少なめの時間で放置する
  • 頭皮をしっかり洗い流せるタイプのシャンプーを使うようにする

頭皮をしっかり洗えるシャンプーというのは、洗った時にスースーするようなものです。毛穴をしっかりクレンジングしてくれるようなものですね。頭皮を健康な状態で保つことはとても大切です。頭皮が健康だと、頭皮のバリア機能が高まり、痛みに対しても強くなります。

レフィーネでの白髪染めと美容院での白髪染めを併用できる?

siraga6白髪染めヘアカラートリートメント「レフィーネ」は、シャンプー前もシャンプー後もどちらでも使用できます。

放置時間が10分程度と短いのも大きな魅力の白髪染めです。

潤い成分もふんだんに入っているので、流した後とても気持ちがいいのが特徴です。レフィーネの白髪染めを普段から使用している場合、美容院の白髪染めと併用するのには注意があります。

どうしても、普段髪に使っている成分が残っているので、効果が出にくくなります。白髪染めトリートメントと、美容院での白髪染めは、まったく異なるものなのです。

    美容院とレフィーネヘッドスパ・白髪染めの違い

  • 美容院の白髪染めは、毛を脱色してから色を入れる
  • レフィーネは髪の上から色を塗りつける
    ※マニキュアタイプ
  • 美容院の白髪染めは薬品性が高く皮膚にも刺激が強い
  • レフィーネは酸性度は高くないが低刺激

このように性質の違うものなので、日数をあけて染めるのなら十分に対応は可能です。上手に併用すれば、お金も浮くし、手間もそんなにかかりません。

美容院だけではどうしても1か月くらいで、生え際が目立ってきてしまいます。毎月美容院に行くのも家計に負担かかるので、知恵を絞って上手に使うといいですね!

    美容院と白髪染めトリートメントを上手に併用するなら

  • 美容院へ行く10日~2週間前にはレフィーネの使用をやめる
    ※髪を、色の入りやすい状態に持っていく
  • 美容院で染めるのは3~6カ月に1回程度
    ※それ以外は、白髪染めトリートメントで自宅染め
  • 茶髪にしないで自然な髪色にする
  • 髪の健康のためにヘアケア製品を上手に使いこなす

髪が健康な状態を保つと、白髪染めの薬剤やトリートメントのさまざまな成分が効果的に働くことを手助けしてくれます。髪を常に一番よい状態に保てるよう、頑張るのが第一です。

白髪染めトリートメントを使用しているだけでは、生え際から伸びた白髪がどんどん伸びてしまうので、ちょっと追いつきません。年に2回~4回程度美容室でしっかり髪を染めてそれ以外は自宅で染める程度の頻度が頭皮やキューティクルの健康を一番保てます!

白髪染めはどのくらいの頻度で染めるのが適切?

siraga3白髪が増えてしまった人にとって、白髪をまったく染めないと
決めた人はよいのですが、白髪染めを始めてしまった人は、もう
これは最後まで延々続けていかなければならないものです。

なんとか最小限に抑えたいなというものの、なかなかそうも
いかないのが実情でしょう。

    白髪染めの頻度の基準

  • 年齢が若いか、それともある程度の年齢なのか
  • 白髪を絶対隠したいという思いが強いかそうでないか
  • 白髪染めにかけるお金に余裕があるかないか

いろいろな条件によって人それぞれ頻度が当然変わってきますよね。
だいたい染めてから1か月くらい経つと根元や生え際のあたりが目立ってきます。

白くなったところだけを「リタッチ」という形で部分的に染めるか、あるいは全体的に染めるか
よっても頻度は異なります。
2週間、3週間単位であまり頻繁に染めるのも、頭皮によいとは言えません。

美容院で染める市販のもので自宅で染める、そのどちらにしても1か月、1か月半、2か月に1回が
妥当
なところでしょうか。

そうはいっても自分は2か月以上経ってもまったく気にならない!という人は、もちろん自分の
ペースで染めてくださいね。

高齢者でも不自然でない白髪染め!

siraga260代は、白髪があるのが当たり前のような
年代ですね。

日々忙しくて少々白髪染めを怠ってしまったとしても
世間からは「まあ、60代だししょうがないわね」と
若い頃よりは優しいまなざしで見てもらえます。

それに、年齢を重ねることで段々人間的にも精神が
図太くなってきています。

若い頃よりも周りの目が気にならなくなり、自分らしく
堂々と生きる
という選択をしやすくなっています。

同じく、白髪とのつきあい方も、随分余裕が出てきていますね。

精神的に負担の軽い方法で白髪を染めていく方法!

 月に1回必ず白髪を染めなければ!と自分を追い込むことをやめてみましょう。
 シャンプーをしながら徐々に少しずつ白髪を染めていきましょう。

染めるのに時間はかかるかもしれませんが、60代は若い頃より時間的にもかなり余裕があるので
この辺りの問題はクリア出来そうですね。

そしてやはり健康のことを第一に考えたいので、出来るだけ身体に負担の少ない方法
染めていきたいものですよね。

薬品をなるべく使わない(または少ない)染料で頭皮にダメージが少ない白髪染めを選んだ方が
いいと思いますよ。

煌髪(キラリ)ヘアカラートリートメントはどんな白髪染め?

ヘアケアキューブで長持ち白髪染め


煌髪(キラリ)ヘアカラートリートメント

kirari.jpg

top001.jpg

染め上がり満足度  ★★★★ 続けて使って染め上げる

トリートメント効果 ★★★★★ 内側から染め髪にコシと艶

白髪染めの比較 ★★★★★ 使うほどにダメージ補修力!

男性向けの毛染め!白髪染めるヘアカラーでの注意点は?

check.jpg 男性向け毛染め・白髪染めヘアカラー注意点

risiri11.jpg 
実は、夫は営業職なので、白髪染めは必ず「ブラック」を使用しています。中途半端な色の染め方だと、赤く染まってしまうためブラウンは使用しません。彼は利尻昆布白髪染めが好みですが、今年大学生になったばかりの息子はくろめの「ダークブラウン」がお気に入りです。

kurome11.jpg息子は、高校生の頃より若白髪が多くてとても困っていました。美容院で染めるのもお金がかかるのと、毎月必ずいくにしては、忙しい学生なので、ちょっと面倒がっていました。

 しかも、髪が傷み、抜け毛もすごく最近多いということで、毛染めをするのを一時期やめていました。

くろめヘアカラーは薄毛予防のヘアトニックM-1を製造しているので有名で、とにかく抜け毛予防の専門会社ですから、頭皮にやさしく、無添加にこだわった白髪染めヘアカラーなんですね!

薄毛予防で有名な「M-1」を開発した会社が作った「くろめヘアカラートリートメント」を使いだしてから、半年以上になりますが、髪が調子よくなったといっています。

 白髪染めトリートメントでうまく染めるコツは、シャンプーしてから、白髪染めトリートメントを塗るパターンよりも、お風呂に入る前に先に、白髪染めトリートメントを塗って、しばらくおいてからシャンプーのが効果的です。

houhou.jpg
 乾いた髪にいきなり塗るのですが、その後、ブラシで塗りつけて、15分以上放置してからお風呂に入ります。余裕があるなら、シャワーキャップをかぶり湯船に入れば温め効果で染め上がりもよくなります。

その後、シャンプーして普通にリンスなどつけて洗い流す、というパターンが失敗なく染まりますね!

抜け毛にやさしい無添加白髪染め!くろめヘアカラー

hp.jpg

risiri.jpg     kuro.jpg