ラサーナ白髪染め×LpLp(ルプルプ)比較

ラサーナ白髪染めは医薬部外品ラサーナは、一般的なヘアカラートリートメントとは少し違い、毛の内部までしっかりと染色成分を浸透させます。

LpLp(ルプルプ)はどちらかといえば、ヘアマニキュア的な要素が強く、髪に上から色を塗りつけるというマニキュアタイプの染め方です。

しかも、一般的なヘアカラーは一回脱色して色を入れていくという方法でかなり髪が傷むのですが、ラサーナ脱色をしないで色を付けていくので髪の傷みがかなり少なくて済みます。

ラサーナの白髪染めがなぜこんなに人気なのか、という理由は、他の白髪染めトリートメントと比較して、全く別格だからです。完全に天然ではないけど天然に近い白髪染めで長持ちするから、ということですね!

白髪ぼかし

白髪染めトリートメントの人気ナンバー1のルプルプとラサーナを比べてみました。

適している髪の違い

  • ラサーナ:敏感・アトピー肌には向かない
  • LpLp(ルプルプ):頭皮に刺激与えないので万人向け

色持ちの違い

  • ラサーナ:1カ月
  • LpLp(ルプルプ):1~2週間

頭皮の着色の違い

  • ラサーナ:頭皮に色が付かない
  • LpLp(ルプルプ):若干の着色がある

成分の違い

  • ラサーナ:天然成分多いがアルカリ度PH8
    ※ジアミン系の成分が入っている
  • LpLp(ルプルプ):天然成分(ガゴメ昆布など)

ラサーナ白髪染めどちらも一長一短なところがありますね。ラサーナは、普段美容院で白髪染め、または普通のカラーリングをしている人でも同時に使えるメリットは大きいですね!

美容院の毛染めと同じような素材を使っている(脱色はしない)ので、年に1回-2回程度美容院でしっかり全部染めをして、リタッチ用としては、ラサーナを毎月使うというテクニックにぴったりですね。価格や量で比較するとラサーナヘアカラーは、他の白髪染めトリートメントには負けてしまうけど、働く女性にとっては、月に1回程度染めれば良くて、しかも、脱色をしないので、頭皮にかなり優しくなっているというのがかなり注目で、買いポイントになるでしょう。

白髪染めヘアカラートリートメントを普段利用していると髪をしっかりコーティングしているので、染料の入り方が悪くなってしまいます。

白髪染めトリートメントを普段使っていて、美容院の毛染めをする場合は、少し日をあけてから染めに行く必要があります。その点ちょっと要注意です。美容院と家での白髪染めを併用したいと言う人にはラサーナがよさそうです。

価格の違い
hair3

  • ラサーナ:3024円(税込・送料無料)
  • LpLp(ルプルプ):1980円(税込)

ラサーナ白髪染めのほうが価格は高いですが、送料無料なので、安心です。また、ラサーナは月に1回程度しか使わないので、髪がそんなに多くないなら2カ月くらい使用できるので、小さい割にお得です。

ただ、頭皮がどうしても気になる!という人や薬品性が弱いものをするべきなので、お試し価格がダントツ安いルプルプにしておきましょう!

 頭皮がそれほど弱くない!いつも忙しい人は1か月色持ちするラサーナヘアカラー!
 敏感肌で完全に天然成分使いたい人方は初めての購入がお得なLpLp(ルプルプ)

ラサーナの体験談

ルプルプの体験談

LpLp(ルプルプ)×レフィーネヘッドスパどっち選ぶ?比較しました!

レフィーネヘッドスパ白髪染めを注文して3日で到着LpLp(ルプルプ)レフィーネヘッドスパとでは、レフィーネのほうが、その製品名でも明らかなように、頭皮の健康を追及したものとなっています。

頭皮が健康になれば血行が良くなり、白髪も減っていくはずという考え方です。

白髪を上から染めるというよりは、根本から白髪を少なくしていこう、というわけなんですね。

だからといって、レフィーネの染色力が決して少ないとか、染色力が劣るとか、そういうわけではありません。

レフィーネ色を混ぜて自分好みのカラーを作り出せるなど、独自の機能がありますので、日本人の黒髪だけでなく、海外の女性たちの複雑な髪色にも対応できるということで、世界中で売れている白髪染めトリートメントです。

それではLpLp(ルプルプ)レフィーネヘッドスパ違いを見ていきましょう。

色の違い

  • lplp(ルプルプ):4色 2014年末より4色展開
  • レフィーネ   :4色

返品のしやすさの違い

  • lplp(ルプルプ):開封前なら返品が出来る
  • レフィーネ   :若干手続きが複雑

使用後の髪の違い

  • lplp(ルプルプ):しっかりとコシが出る
  • レフィーネ   :しっとりツヤツヤになる

もともと髪にコシがなくて柔らかめの人は、LpLp(ルプルプ)でまず様子を見てみるのもよいですね。また、もともと髪が太くてしっかりとしているのであれば、レフィーネを試すとよいでしょう。どちらの製品もトリートメント成分がたっぷり含まれており、使えば使うだけ、髪が健康になっていくことは間違いないでしょう。

料金の違い

  • lplp(ルプルプ):200g 1980円
  • レフィーネ   :300g 3600円(税込)

LpLp(ルプルプ)は容量が200グラムですが、レフィーネ300グラムでたっぷり使えます。

レフィーネ色まぜる レフィーネは初回購入者には特典で詰め替え用のボトルなどが付いてきます。

 レフィーネのカラーが4色あり、混ぜて使えるので自分の髪色にこだわりたい人は絶対コレ!ですね。

 ただ、レフィーネの特徴やお得度も素晴らしいけど、総合的なコスパで考えると!初めて購入する人はLpLp(ルプルプ)がダントツに安くてお得!まずは一番人気のルプルプのダークブラウンかモカブラウンから使ってみるのがオススメです。

ルプルプまとめ買い安いルプルプは1本のお試し購入がおすすめ

 LpLp定期購入・・1本1,620円で安いし送料無料
 LpLp1本のみ初回購入・・1980円+送料500円=2520円(税込)

ルプルプを使った体験談

LpLp×利尻昆布ヘアカラー比較

白髪染めトリートメント1回でよく染まるLpLp(ルプルプ)の主成分のガゴメ昆布と利尻昆布ヘアカラーの主成分の利尻昆布で、両者の決定的な違いは、仕上がり方ですね!

ガゴメ昆布は非常にヌルヌルで強烈な粘り気があります。LpLp(ルプルプ)は、この粘り、ぬめりを保湿成分に有効活用しています。

一方、利尻昆布の特徴は、ミネラルが豊富であることと、髪の補修力に優れているという点です。

髪をより健康にしたい、しっかりコシのある髪にしたい場合は利尻昆布ヘアカラーを選ぶといいですね。

また、しっとりと、割と柔らかめの仕上がりを目指したい方は、LpLp(ルプルプ)を選ぶとよいでしょう。

利尻昆布ヘアカラーとLpLp(ルプルプ)白髪染めの違いを調べてみました。

容器の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:容器が若干固い
  • LpLp(ルプルプ):柔らかいので出しやすい

カラーは同じ・香りの違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:3色・無臭
  • LpLp(ルプルプ):3色・アロマの香り

成分の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:利尻昆布がメイン、PH値6
  • LpLp(ルプルプ):ガゴメ昆布がメイン、PH値7

返金保証の違い

  • 利尻昆布ヘアカラー:手続きが面倒
  • LpLp(ルプルプ):手続きが簡単ですぐできる

似ているように思われがちな二つの製品も、少しずついろいろなところで違いがあるんですね。利尻昆布ヘアカラーは、製造に使われている水に特にこだわっていて、分子がものすごく小さい特殊水を使用していて天然成分重視です。

分子を小さくすることで、より髪への浸透をしやすくしているのもポイントです。

次に料金についても調べてみました。

  • 利尻昆布ヘアカラー:3240円(税抜き)
  • LpLp(ルプルプ):1980円(税込)

 初回限定の特典でLpLp(ルプルプ)は、通常価格より格安で1,980円になります。
 利尻昆布ヘアカラーはリタッチ用の白髪隠し付きの6,006円(税込)というコースもあり。

初回の価格の安さで選ぶのならなんといってもLpLp(ルプルプ)ですね!

ルプルプを使った体験談